東京都大田区新蒲田2−13−13
ikichikagakudo@gmail.com
050−5867−2041

いきちか学童ブログ

大田区が,“(仮称)「大田区子育て支援計画」(素案)”というのを策定しています。

そして,区民の意見(パブリックコメント)を募集しています

募集期間が,令和元年12月16日(月)〜令和2年1月15日(水),・・・今日までです!

 

皆様,こういう情報って,ちゃんと届いていますか?

筆者は,昨夜,ネットサーフィン中にたまた発見しました・・・。

 

夜に発見してから,翌日のいきちかオープンまでに,PDF119ページの資料を熟読し,考え,意見を整理するだけで,精一杯です。スタッフのコンセンサスを取ることはできなかったので,今回はいきちかとしてではなく,個々人で意見を提出しております。

 

さて,この素案資料によりますと,

大田区の学童保育に対する施策は,ほとんど変化がないことが分かります。

 

 

保育園はまだまだ増やします。でも学童保育はほとんど増えません。

保育園は質に関する施策がそれなりにあります。でも学童保育はまったくそれに関する記述がありません。

 

 

資料内に,保護者ニーズ調査結果として,

仕事と子育てを両立させるために「学童保育の整備・充実」が必要だと,53.8%の人が答えている事実があるにも関わらず。

この数は,「保育施設やサービスの充実」が必要と回答した人とほとんど差がないにも関わらず。

 

 

 

 

「生きる力」に関する言及もありました。

施策として,「豊かな人間性をはぐくみ,未来を創る力を育てます」という基本目標を立てたようです。

 

さて,その目標に対して”重点的に取り組む事業”が,以下のものとなっております。

 

  • 子どもの学習支援(生活困窮世帯に対して週1回の学習支援)
  • こども日本語教室(日本語が不自由で就学できていない子に対して)
  • 学齢期の発達障がい児支援(障がい者総合サポートセンターでの相談・療育)
  • ICT教育の推進(電子黒板やタブレット端末などICTの活用。追加購入とは書いていない)
  • 学校教育施設の整備(計画的な改築。いつ改築するか不明)

 

必要ですよね,どれも。

 

でも・・・,生きる力を育むための事業がこれというのは,違うというか,とにかく足りないと,私たちは強く思う訳です。

 

 

大田区の子育て支援に関する施策は,正直,満足とは遠い状態です。しかし,何もかもを自治体が税金を使って行うべきとも思っていません。

できる人ができることをし,補い合い助け合う社会でありたいと思います。

 

だから私たちも,区の施策では足りない事業を補うべく活動しております。

引き続き,私たちの活動へのご支援・ご協力を,何卒よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━