ikichikagakudo@gmail.com
050-5867-2041

いきちか学童ブログ

小学校が,少しずつですが,再開し始めました。いきちか学童クラブのサイトやSNSへのアクセスも増えてきました。

ですが,現在活動拠点を確保できておらず,入会も受け付けられない状態です。

移転先を確保しないうちの退去で,ご迷惑をお掛けしております。

 

前の民家では幾たびか予想外のトラブルがあり,以前より移転先を探していました。

しかし条件に合うものがすぐには見つからなかったため,3〜5年ほどここで力をつけてから条件を見直して,次のところへ移転しようと計画しておりました。

 

その中で,新型コロナウイルス感染症の流行も踏まえ,一旦活動を休止することにしました。

いきちかの活動がこれから本格始動するという,その直前での休止でした。

道半ばどころか,スタートラインに立ったばかりで,本当に迷いましたが,

一度止まれた今のうちに退去することを決めました。

この先,活動が大きくなってからの移転や,あるいは万が一の深刻なトラブルの可能性を思うと,今の退去が最善だとの判断です。

 

もちろん移転先を見つけてから退去したかったので,不動産会社,町会や民生委員関係者,大田区の空き家担当者など,多くの方に相談させていただきました。

子ども食堂「だんだん」の近藤さんにも,お忙しい中,親身にご対応いただきまして,心より感謝申し上げます。

皆様からは,いきちかの活動についてポジティブな反応をいただき,本当に染み入りました。ありがとうございました。

残念ながら物件は現時点まで見つかっておりませんが,たくさんのご縁を紡いでいただきましたことをありがたく思います。

 

なお,地元の方はご存知の方も多いと思いますが,「だんだん」の近藤さんは,子ども食堂の生みの親と言われています。日本第一号の子ども食堂が,「だんだん」です。

行政の支援等から取りこぼされた厳しい状態の子どもたちの存在を知って,自分の力で直接の支援を始められました。

本当は個人が行う必要はなく,国や自治体がすべきことかもしれませんが,現実問題としてできていないので,目の前の子どもたちのためにボランティアで動いてくださった訳です。

逆風もたくさんあった中で,多くの人を巻き込み,今もこのように活動を安定して継続できているのみならず,日本中に子ども食堂の輪を広められた近藤さんを,本当に尊敬しております。

 

行政任せや他人任せでは変わらないことって,たくさんありますよね。このコロナ騒動中に目についたこともあったのではないでしょうか。

これからの時代,このような個々人のちょっとした行動が,ますます重要な意味をもってくると思っています。
私たちも,いきちかを通じて,あるいは別の形になるかもしれませんが,引き続き,ちょっとした行動を試みたいと思います。

 

どうぞ引き続き,ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

何かございましたらお気軽にご連絡ください。

 

ikichikagakudo@gmail.com

いきちか学童クラブ 向井