ikichikagakudo@gmail.com
050-5867-2041

いきちか学童ブログ

今日は,「生きる力」のお話です。

 

教育界で「生きる力」というワードが強調され出したのは,1996年の「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」(第一次答申)からではないでしょうか。

--------------------------------------------------
今後における教育の在り方として、[ゆとり]の中で、子供たちに[生きる力]をはぐくんでいくことが基本であると考えた。そして、[生きる力]は、学校・家庭・地域社会が相互に連携しつつ、社会全体ではぐくんでいくものであり、その育成は、大人一人一人が、社会のあらゆる場で取り組んでいくべき課題であると考えた。

--------------------------------------------------

上記のように,ここで「生きる力」と「ゆとり」の2つが提唱されました。
(そしてこの後にゆとり教育が始まりましたが,今はもう終わり,これからは,「ゆとりでも詰め込みでもない生きる力を育む教育」だそうです…。)

 

さて,この1996年から,20年以上(!)も経ちました。いい加減に「生きる力」に取り組まないと本当にヤバイよということで,ようやく,2020年度から本格スタートする教育改革で,こちらの理念が入りました。来年度ですね。

20年以上前から言われながらようやく,学校現場でスタートせざるを得ない状況になった,という感じです。

 

戦後の高度経済成長期は,未来が見えていました。みなが目標とするその未来に向かって,ハイパフォーマンスで走ることが重要でした。

しかしその時代は終わり,今は,先が見えません。変化の時代です。

今,そしてこれからは,変化し続ける社会の中で,模範的な生き方が確立されていない状態の中で,自分で課題を見つけ,自分で判断し,自分で行動し,自分で解決していく力が必要という訳です。

 

これは私たちも,心からそう思っています。

自分の子どもをはじめとする今を生きる子どもたちには,このような力を身につけて,一度きりの自分の人生を目一杯エンジョイしてもらいたいものです。

 

 

さて,たまに誤解されている方もいらっしゃるので,ここで強調しておきたいのが,

学校教育で「生きる力」への取り組みが始まるとは言え,学校だけでは絶対無理だということです。

 

文科省は,1996年のとき(当時は文部省)からずっと,今も,言っています。生きる力は「社会全体で育んでいく」と。「学校・家庭・地域が相互に連携しつつ,社会全体で取り組むことが不可欠」だと。

生きる力の重要性が20年以上前から言われながら,なかなかスタートすら形にならなかった理由が,これだと思っています。学校(だけ)ではできないからです。

 

家庭での取り組みも不可欠ではあるのですが,しかしその一方で,男女共同参画の推進等により共働きの家庭が増えており,現実問題として,就労する保護者が子どもの教育に費やせる時間は限られています…。

 

これはもう,家庭の代わりに時間を過ごす居場所である学童でこそ,生きる力を育む取り組みを積極的に行わないと,どうしようもないのではないでしょうか。

 

ただ,近所の学童では,代表が思い描くような取り組みが見えなかったので,それを実現する場として,ここ「いきちか学童クラブ」が作られた訳です。

 

 

文部科学省の最新の定義では,生きる力は「知・徳・体のバランスのとれた力」だそうです。

私たちが大切だと考える「生きる力」は,文科省の定義と似ておりますが,自分たちの言葉で,次のように定義しております。

 

---------------------------------------------------------

再起力 —Resilience

(心折れずに立ち直ることができる再起力,ストレス等をしなやかに受け止める柔軟力,変化が多く不確定な状況でも対応できる適応力)

尊重する力 —Respect

(他人も,そして自分も,あるがままを認め合い,尊重する力)

学力 —Achievement

(学習意欲,学習習慣,基礎知識,表現力)

生き抜く体力 —Physical strength

(健康な体と心,いざというときに逃げ延びる体力)

---------------------------------------------------------

 

いきちか学童クラブは,子どもたちの主体的な遊びや日常の関わりの中で,これらの力を育んでまいります。

 

 

━━━━━━━━━━━━━
いきちか学童クラブ
http://www.ikichika.club

(見学・体験 受付中♪)
━━━━━━━━━━━━━

コメント
コメントする